人気ブログランキング |
ブログトップ

馬と猫・・・おまけに車

umatoneko.exblog.jp

乗馬と猫とポルシェ911carreraをこよなく愛しています

カテゴリ:旅行( 144 )

釧路では夕飯は炉端焼きの店に行きました。女性ばっかりでやっている店でなかなか居心地が良かったです。
クジラの刺身がありました!釧路港でミンククジラが揚がったとか。もう最後でちょっとしかないと言われたのですが、それでいいからと頂きました。美味しかった!!
e0131399_00020752.jpg
もう少し食べたかった!
ツブ貝の壺焼きや、キンキ(?)の唐揚げなど、どれもとても美味しかった!

7月6日 くもり
苫小牧に向かいます。
途中にある丹頂鶴自然公園に寄りました。
e0131399_00243136.jpg
春国岱で保護された脚を折った丹頂の雛がひょっとしたらここで保護されているのではないかと思ったのですが、受付の人に聞いてもよく判りませんでした。
e0131399_00021857.jpg
公園では丹頂はペアごとに仕切られた囲いの中で住んでいます。自然の川も流れていて、この川には鮭も上ってくるそうです。現在鶴たちは鳥インフルエンザ対策の為に羽根を切られていて飛べないようになっているのですが、以前は自由に飛ぶことが出来たそうです。それでもちゃんと帰ってきたのですって。
ちょうど給餌を見ることが出来たのですが、餌の魚を狙ってトンビがやってくるのです。その攻防が面白かった。

高速にのり、帯広でおりて、紫竹ガーデンに行ってきました。
e0131399_00023024.jpg
ナビに言われるまま、どこを走っているか判らないうちに連れて行ってくれました。
e0131399_00023786.jpg
個人のお庭なのですが、ガイドブックに載っていて暇だったので行ったのですが・・・。
e0131399_00024525.jpg
私は自然の花園の方がずっと綺麗だと思いました。

その後また高速で苫小牧まで帰りました。途中事故で1区間通行止めになっていて一般道に下ろされたのですが、25kmほど延々と走らされました。

結論
花を見るなら礼文島か霧多布湿原!!
野生動物(熊除く)を見るなら野付半島か春国岱!!
北海道は最高です!!

7月中に旅行記が終わって良かった!
読んで下さった方、長々とお付き合い下さいましてありがとうございました!!

追記
今回とても素敵な出会いがたくさんありました。
まず、ペンションポーチの瓜田ご夫妻、そして宿泊客の皆さん。
春国岱で色々情報を教えてくれたカップル、そして自転車で一人旅をしていた女性の方。
また根室のホテルでお話しした、グループで旅行されていた方々。ポルシェがとても目立ったと話して下さいました。
釧路の炉端焼きのカウンターで隣り合わせになった和歌山からいらしたというご夫妻。とても素敵なご夫妻で、蜜柑を作っていると聞き、帰ってから早速お便りを差し上げました。季節になったら美味しい蜜柑を手に入れられそうです!


by umanekonohaha | 2019-07-29 01:01 | 旅行 | Comments(4)
落石の後は道道142号線で釧路方面に向かいます。
道は海岸から離れ、内陸の森の中を走ります。海岸沿いに道がないのです!
森の中では、鹿と遭遇しました。幸い向こうが道路に飛び出す直前に気がついたので事なきを得ました。エンジン音のうるさい車に乗っていて良かった!目が合ったのですが、向こうもホッとしたような顔をしていました。
e0131399_22344605.jpg
温根沼に流れ込むオンネベツ川です。この蛇行が良いですね!
e0131399_22345690.jpg
同じ場所で撮った愛車です。このような森の中を走ります。
e0131399_22350677.jpg
道ばたには所々にポツンとエゾスカシユリが咲いています。
e0131399_22351528.jpg
花咲線(根室本線)の無人駅です。「はったうし」と書いてあります。こんな駅、利用する人が居るのでしょうか。回りには人家は全くありません。ましてや飲食店なんて・・・。
e0131399_22352540.jpg
道が森から抜けると両側には牧場が広がっていました。なだらかな起伏が続いています。
e0131399_22364224.jpg
この辺りでは馬が放牧されていました。この子馬はまだ小さくて可愛いです。
e0131399_22365407.jpg
道が海岸沿いに走るようになるとあちこちに沼が現れます。この沼名前は判らないのですが、馬が放牧されています。
e0131399_22501923.jpg
白いお母さんに黒い子馬です。この子馬結構やんちゃで跳ね回っていました。動画も撮ったのですが、イマイチだったのでアップは止めます。
e0131399_22375645.jpg
とても綺麗な沼でした。
e0131399_22380320.jpg
ヒオウギアヤメがいっぱい咲いているのです。
e0131399_22363425.jpg
こちらでも子馬が見られました。牧場の向こうは海です。
e0131399_22382934.jpg
道道123号線に入りました。通りすがりにまた霧多布湿原で車を停め、名残を惜しみました。この日は霧が無く、向こうまでクリアーに見えます。
e0131399_22383839.jpg
ノハナショウブが多くなったような気がします。
e0131399_22385065.jpg
琵琶瀬展望台です。やっと綺麗に霧多布湿原を見ることが出来ました。画像を合成してあるので、道がとても湾曲しているように見えますが、これほどは曲がっていません。
e0131399_23133426.jpg
望遠で撮りました。雄大ですね。

この日は釧路に泊まりました。

by umanekonohaha | 2019-07-27 23:18 | 旅行 | Comments(4)
7月5日 くもり
この日は海岸沿いに、釧路まで帰りました。途中いくつか景勝地に寄りました。
まず、根室市街からほど近い花咲岬です。
e0131399_22231112.jpg
花咲灯台です。
e0131399_22233124.jpg
遊歩道が整備されています。ここも色々なお花が咲いていて綺麗でした。
向こうに見える崖が放射状節理になっています。
e0131399_22235073.jpg
岩が放射状に割れています。
e0131399_22235925.jpg
このように丸くなっているのを車石と言うそうです。見事な放射状節理で、国の天然記念物に指定されています。
e0131399_22242314.jpg
今回初めて見たツリガネニンジンです。まだ咲き始めですね。

その後落石岬に行きました。人気が無いらしく、行ったときには全く人影がありませんでした。後から2人来ましたが。
e0131399_22244054.jpg
このようなまっすぐな木道が整備されています。
e0131399_22245221.jpg
両側は湿地です。
e0131399_22250274.jpg
シダ植物と水芭蕉の大きな葉が見えます。木はアカエゾマツらしいです。人影がないことも有り、ちょっと不気味でした。
このあたりに国の天然記念物のサカイツツジがあるはずなのですが、花が終わってしまっていたようで全く判りませんでした。サカイツツジは氷河期の生き残りで、南限はカラフトとされていたのですが昭和8年にこの地に隔離分布していることが発見されたそうです。
e0131399_22251702.jpg
ゴゼンタチバナが沢山咲いていました。
所々にぬかるみがあって、動物の足跡らしきものがあったのです。鹿だろうと思うのですが、熊が出ないかとヒヤヒヤしました。熊出没の立て札はなかったので一人だけれどこの木道を歩いたのですが。それと木道の上に動物の糞があったのですよ。狐かしら?熊にしては小さいし、鹿の糞ではないし・・・。
e0131399_22253576.jpg
開けたところに出ました。ワタスゲが咲いています。
e0131399_22265419.jpg
ワタスゲです。
もう一度森に入り、そこを抜けると、
e0131399_22255774.jpg
視界が開け、落石岬灯台が見えてきました。ヒオウギアヤメが咲いています。
e0131399_22260510.jpg
落石岬灯台です。灯台の右側は
e0131399_23045220.jpg
このように崖になっています。柵もなく、ちょっと怖かったですね。
e0131399_22264682.jpg
ツルコケモモが咲いていました。
e0131399_22262958.jpg
モウセンゴケも見られました。モウセンゴケは小さいのです。注意して探さないと見落としてしまいます。
e0131399_22261911.jpg
これはチシマフウロだと思います。礼文島で見て以来ですので、とても嬉しかった!

by umanekonohaha | 2019-07-26 23:23 | 旅行 | Comments(2)
春国岱の散策時、まわりに人影もなく一人です。
木道を歩いていると、
e0131399_22505584.jpg
なにやら向こうから近づいてくるものが、
e0131399_22511009.jpg
キタキツネです!どんどん近づいてきます!
e0131399_22511753.jpg
私を警戒している風もありません。可愛いですね!!
e0131399_22512546.jpg
直前まで来て木道から降りました。
e0131399_22513237.jpg
湿地の中を嫌そうに数メートル歩いて、また木道に登りました。
動画に撮ったので見て下さい。後ろ姿だけですが(笑)。


キタキツネにとっても木道は歩きやすいのでしょうね。そして、人間が敵ではないことをよく知っているのでしょうね。
間近に、健康そうな狐を見られて感激でした!!

by umanekonohaha | 2019-07-23 23:02 | 旅行 | Comments(4)
7月4日、また曇りです。
宿を出て国道244号線を根室方面に戻ります。
風蓮湖の北側の砂嘴に行ってみたくて、途中で道道475号線に入りました。
e0131399_23135021.jpg
道の駅「おだいとう」でもらったパンフレット(下の写真)に出ている風景を見つけました。
e0131399_23133948.jpg
晴れているとこんなに綺麗なのですね。
e0131399_23122561.jpg
そして、居ましたよ!丹頂です!3羽居ます。
e0131399_23124125.jpg
これは望遠で撮っていますが、車の中から撮る限り、あまり警戒はしていませんでした。
e0131399_23123393.jpg
頭がまだ赤くないので、若鳥だと思います。成鳥が3羽で行動することはまずないということです。
e0131399_23113319.jpg
舗装道路の終点です。南東方向、つまり砂嘴の先端方向を見ています。左側に見える水面が太平洋、右側遠くに見える水面が風蓮湖です。
e0131399_23115696.jpg
こちらは振り返って北西方向を見ています。右端にポツンと見えるのは愛車のポルシェです。
また国道244号に戻り、いつの間にか243号線になり、国道44号線に入りました。
道の駅「スワン44ねむろ」でお昼御飯に「鹿肉の竜田揚げ定食」なるものを食べました。なかなか美味しかったですよ!
44号線から春国岱へ行く道を曲がったら、
e0131399_23130780.jpg
鹿が2頭!
e0131399_23131726.jpg
車が通っても恐れる様子もなくお食事中でした。
e0131399_23140410.jpg
春国岱です。去年も行ったのですが、見残した様に思うので再訪しました。。
e0131399_23522560.jpg
このような木道をずっと歩いていきます。
e0131399_23142081.jpg
ここは去年来れなかったところ、キタキツネコースの終点から見た景色です。
e0131399_23143372.jpg
何とも言えない雰囲気ですね。大好きです!
e0131399_23144383.jpg
途中またエゾシカに出会いました。3頭ほどいました。
e0131399_23145621.jpg
こちらも去年行けなかったアカエゾマツコースです。大きな木が沢山倒れています。
e0131399_23150547.jpg
アカエゾマツコースの終点です。その案内板の説明によると、このアカエゾマツが生えているのは第3砂丘で、平成18年、26年、27年の低気圧の影響で木が沢山倒れたそうです。
倒れた木の根っこが浅いのに驚きました。深いところは塩水になるのでしょうか、こんなに浅ければちょっと風が吹いても倒れてしまうでしょうね。

by umanekonohaha | 2019-07-23 00:10 | 旅行 | Comments(0)
7月3日は晴!
ペンションポーチを出発し、霧多布湿原を横切るMGロードを通って国道44号線に抜けました。
e0131399_22571489.jpg
MGロード途中の琵琶瀬川です。いかにも湿原の川らしいですね。
MGロードの両側はワタスゲの群落でした。
e0131399_22572570.jpg
44号線から国道244号線に入ったあとに通った素敵な川です。
e0131399_22574280.jpg
尾岱沼近くの春別川の河口。水鳥が沢山居ます。
e0131399_22575265.jpg
望遠で撮りました。次の日、春国岱のレンジャーに聞いたところ、マガモだと言うことです。
そう言われれば頸が緑色のような・・・。夏に沢山居ることにビックリしました。本州では冬鳥ですが、北海道では繁殖しているようです。
e0131399_23053392.jpg
野付半島に入ります。東側(野付湾側)にはお花畑が広がっています。この半島、一番狭いところでは幅が50mしかないとか。両側に海を見ながら走ります。
e0131399_22583252.jpg
ナラワラです。ミズナラが海水に浸食されて立ち枯れています。
e0131399_22584569.jpg
白骨化した木々が痛々しいです。
ネイチャーセンターを通り越してまだ先に進みます。行けるところまでとにかく行ってみるのが好きです!
前を走る車の前に鹿が飛び出し!
急ブレーキを掛けるまではいきませんでした。
e0131399_23001295.jpg
飛び出した鹿です。
e0131399_23003069.jpg
道の反対側にはお仲間がいました。こちらは車が通り過ぎるのを待っていました。
e0131399_23004143.jpg
野付崎灯台です。ここからは砂利道だし、2014年にこの灯台は訪れているのでひきかえしました。
e0131399_23005999.jpg
先ほどの鹿のグループは皆無事に道を渡り終えたようですね。まったりとしていました。
e0131399_23074610.jpg
ネイチャーセンターの向かいの海岸から見た景色です。
国後島です!!
e0131399_23054465.jpg
はっきりと見えます!16kmしか離れていないそうです。こんなに近いのにロシアとは・・・つらいですね。
e0131399_23060256.jpg
こちらは知床半島です。写真右側の島影は国後島です。
e0131399_00022741.jpg
ネイチャーセンターから歩いてトドワラを見にいきました。
途中はお花畑です。2014年に来たときには馬車が運行されていたのですが、トラクターバスになっていました。大きくて優しいお馬さん達はどうしたのでしょうか。
この写真はネイチャーセンターの方を振り返って撮っています。
e0131399_23061538.jpg
トドワラです。立ち枯れている木が益々少なくなっています。
e0131399_00024001.jpg
お花畑の向こうは野付湾、右側の建物はネイチャーセンターです。
e0131399_00030550.jpg
初めて見た花、ナワシロイチゴです。
この日は尾岱沼の旅館に泊まりました。

by umanekonohaha | 2019-07-22 00:15 | 旅行 | Comments(4)
仲の浜木道の次は霧多布湿原センターに移動して、センター前のヤチボウズ木道を歩きました。
e0131399_00024208.jpg
ヤチボウズのようですが、草が生えてよく判らなくなっています。
e0131399_00025273.jpg
湿原の水たまりは油が浮いたように見えるのですが、これは油ではなく鉄分なのだそうです。この湿原の水が海に流れるため、付近で取れる昆布には豊富な鉄分が含まれていて美味しいそうです!
e0131399_00031558.jpg
湿原センターから湿原を見ています。オーブのように見えるのは雨粒が付いたからです。
e0131399_00032527.jpg
望遠で撮ると、湿原の向こうに家並みが見えます。
e0131399_11175575.jpg
ヤチボウズ木道ではあまり花は見られませんでした。これはワスレナグサです。水辺に生えていました。
鳥の声が素晴らしかったのですが、判ったのはウグイス、ツツドリ、オオジシギくらいでした。葉陰になって姿は見ることが出来ませんでした。

霧多布湿原の花を紹介します。
e0131399_00035631.jpg
なんと言ってもエゾカンゾウです!大きくて黄色い花はとても目立ちます。背後の水色の花はヒオウギアヤメです。
e0131399_00050367.jpg
ノハナショウブです。例年より開花が早かったらしいです。最盛期は7月下旬から8月上旬で、その頃にはもっと一杯咲いていると思いますが。
e0131399_00051470.jpg
ワタスゲです。こちらは例年はそろそろ終わりのようですが、まだまだとても綺麗でした。
e0131399_00053338.jpg
ヤマブキショウマです。
e0131399_00040550.jpg
エゾフウロです。
e0131399_00041563.jpg
フタマタイチゲです。茎が二股に分かれ、真ん中から花茎がでます。
e0131399_00042379.jpg
クロユリです。こちらはもうほとんど終わっていて、やっと2株一応まだ花を付けているものを見つけました。

e0131399_00043394.jpg
e0131399_00132334.jpg
2枚ともクシロハナシノブです。去年礼文島で見たカラフトハナシノブの変種らしいです。よく似ていて、わたしでは見分けが付きません。綺麗ですね。大好きな花です!
e0131399_00045259.jpg
ムカゴトラノオです
e0131399_00545673.jpg
赤紫色の花がエゾノレンリソウ、黄色い小さい花がキンポウゲです。エゾノレンリソウの花はクサフジやハマエンドウにそっくりだったので、教えて貰わなければそのどちらかだと思って見逃していました。
ダイコンソウです。
マルバトウキです。北海道ではこのような大型のセリ科の植物が何種類も有り、本当に見分けが難しい!教えて貰わなくては全く判りません。
そのほかシオガマギク、セイヨウノコギリソウ、オオヤマハコベ、エゾノヨロイグサなども見ることが出来ました。
また、エゾマツとトドマツの見分け方を教えて貰いました。エゾマツは葉の先がとがっている、トドマツは葉の先がハート型だそうです。
生憎の雨でしたが、近くの花を観察するには支障が無く、充分楽しめました。
瓜田さんに無理無理ガイドをお願いしてよかった!
ありがとうございました!!

by umanekonohaha | 2019-07-18 01:17 | 旅行 | Comments(2)
北海道の3大湿原と言えば釧路湿原、サロベツ原野、霧多布湿原だそうです。
釧路湿原は何度も行きました。乗馬、カヌー、トレッキングを体験しました。
サロベツ原野は2度行きました。
霧多布湿原は実は過去3回、端っこをかすめています。
今回はじっくり霧多布湿原を堪能することができました!!
e0131399_16094639.jpg
これは1日にペンションポーチから西の方を見たものです。黄色い花はもちろんエゾカンゾウ、白いのはワタスゲです。
e0131399_16101012.jpg
これも1日で、琵琶瀬木道から南の方を見たものです。ワタスゲは例年ならもう終わっているそうです。今年はエゾカンゾウと共存して、とてもきれいです。
e0131399_16102311.jpg
これは泥川付近の琵琶瀬木道から北の方を見たものです。薄い青がヒオウギアヤメ、濃い紫色がノハナショウブです。
e0131399_16112432.jpg
2日、ペンションポーチのオーナーの瓜田さんにガイドをお願いして、仲の浜木道を歩きました。
この木道は琵琶瀬木道と直角方向に、道道123号線と平行に伸びています。この写真では右側の電柱が立っているところが道道123号線です。
e0131399_16113496.jpg
瓜田さんです。生憎の雨で、ウィンドブレーカーしか持ってなかったので、オーバーズボンと長靴を貸して頂きました。
e0131399_16114639.jpg
123号線沿いにもエゾカンゾウやヒオウギアヤメ、ノハナショウブが咲いています。
アヤメとショウブの違いを教えて頂きました。ヒオウギアヤメは葉の付き方が檜扇に似ていて、花に網目模様がある。ノハナショウブの葉は真ん中に芯があり、より湿ったところを好む!
そして、エゾカンゾウの花は1日で枯れるのだそうです。毎日綺麗に咲いているように見えるのは花茎に6~7輪の蕾を持っていて、それが日替わりで開くからだそうです。
やっぱりガイドさんに案内して頂くとちがいますね!!
e0131399_16105781.jpg
雨と霧でちょっとかすんでいます。本当なら1枚目の写真のような山並みが見えるはずです。
でも、この方がお花畑が広大に見えますね!
e0131399_16110756.jpg
上の写真と同じ場所を望遠で撮っています。木立はハンノキです。木が増えたように思って(湿原が乾燥化した)調査したところ、増えたのではなく、大きくなっただけだったそうです。
e0131399_16122867.jpg
見事なエゾカンゾウの群落です。
e0131399_16125334.jpg
同じような写真が続きますが、どれも美しいので取捨選択が難しくて・・・。
e0131399_16124302.jpg
e0131399_16103456.jpg
私は花が好きですから、霧多布湿原が一番好きです!!この自然を守るために何かお手伝いがしたいですね。

お花の写真は後ほど紹介します

by umanekonohaha | 2019-07-16 00:34 | 旅行 | Comments(2)
(パソコンの調子が悪くて、思うようにアップできません)

あやめが原をあとにして道道123号線を根室方面に向かいます。大体森の中を走ります。
熊の目撃情報がとても多いと聞いて、熊には遭遇したくないのですが、車の中から遠目になら見たいかもとか思いつつ帰り道走っていましたが、幸か不幸か見かけませんでした。
途中こんな開けたところもありました。
e0131399_23253661.jpg
鯨浜です。進行方向を見ています。
e0131399_23255988.jpg
こちらは振り返って、来た道を見ています。
途中琵琶瀬展望台があったのですが、霧のため次回に譲りました。帰りにもこの道を通る予定でしたから。
e0131399_23263567.jpg
霧多布湿原の木道から7月1日、2日と宿泊するペンションポーチ(左側の黒い建物)を眺めたところです。右側の茶色い建物は「霧多布湿原ナショナルトラスト」です。
このペンション、実は去年通りかかったときに見つけ、絶対に来年はここに泊まると決めていたのです。実現できて幸せでした。
ペンションに着いたのが午後4時過ぎで、食事までまだ時間が有るのでこの琵琶瀬木道を散策しました。
e0131399_21283189.jpg
木道の両側はエゾカンゾウとワタスゲのお花畑でした。
e0131399_23270851.jpg
木道の終点の泥川です。
e0131399_23273627.jpg
2階にあるペンションの部屋からは湿原が見渡せます。
e0131399_23274710.jpg
夕暮れから朝霧まで楽しめました。残念ながら星空は見えませんでしたが。
e0131399_23281186.jpg
ペンションポーチさんの2日目の夕飯です。海老はこの辺の特産の北海シマエビです。シマエビも美味しかったし、どれも本当に美味しかった!!お味噌汁の中のアサリの大きさにも注目!!

食事の後はオーナーの瓜田さんのスライド上映会がありました。2日とも拝聴しましたが、内容のかぶりもほとんど無く、名調子に聞き惚れました。霧多布の自然を守りたいという熱い思いが伝わってきました。
驚いたことに、宿泊客は2日間とも、新参は私のみであとはみんな常連さんでした。
上映会の後は宴会!常連のお客様がビールやお酒を持ってきて下さって、お相伴させて頂きました。
e0131399_23283037.jpg
こんなお酒を持ってきて下さったのですが、初めて見ました。福島県のお酒のようです。
もちろん、県警にはお世話にならないようにと願いを込めて頂きました。女・子供にはちょっときつく感じるお酒でした。
宿泊者全員とオーナー夫妻、オーナーのお友達も加わって、とても楽しいひとときでした。このような経験は何年ぶりでしょうか、昔、昔リュックをしょって旅行していた頃を思い出しました。
e0131399_23284284.jpg
食堂から朝の湿原風景です。7月3日は綺麗に晴れました。
e0131399_23285440.jpg
そして朝食!奥様は本当にお料理上手!満足でした!!

ペンションポーチさん、本当に素敵なペンションで、何度もいらっしゃるリピーターが多いのもうなづけます。
奥様とはあまりお話をする時間は無かったのですが、オーナーには2日に個人的にガイドをお願いしたのと、ポルシェで一緒にイタリアンのお店でランチをしたので色々お話が出来ました。とても素敵な方で、楽しかったです!!イタリアンのランチも美味しかった!!
また行きたいですね。今度は10月が良いそうです。ウニが美味しいんですって!

by umanekonohaha | 2019-07-14 21:30 | 旅行 | Comments(4)
7月1日 曇り
高速を終点の「釧路別保IC」で降りて国道44号線を根室方面に向かいます。途中厚岸で道道123号線に入りました。
去年根室方面から釧路に向かいこの道を通ったのですが、霧が深くて霧多布湿原とあやめが原を断念しました。それが心残りで、心残りで。今年の北海道旅行のメインになりました!
看板に従って脇道に入りました。
e0131399_22175403.jpg
この先が前の記事の2枚目の写真の駐車場です。
e0131399_22181111.jpg
あやめが原です。
折しも、「あやめ祭」を開催していました。でも、その割に訪れる人は少なく・・・まだ3時頃だったのですが、平日だったせいでしょうか。
e0131399_22182559.jpg
ダケカンバの美しい林を抜けると、
e0131399_22183605.jpg
草原が広がっていました。ヒオウギアヤメが咲いています!間に合ったようです!
係の人に聞いてみると、アヤメのピークは1週間ほど前だったそうです。
e0131399_22202922.jpg
この写真の左側は海岸で、断崖になっています。こんな遊歩道がずっと続いています。遊歩道の両側には木の柵(ベンチ付き!)が設けられたり、有刺鉄線が張られたりしています。
e0131399_22220821.jpg
また所々にこんな関所があります。簡単に開けられるのですが、馬を放牧しているため通ったら鍵を掛けて下さいとのことでした。
e0131399_22211388.jpg
沢山のアヤメが咲いています。まだまだ綺麗ですが、最盛期はさぞ見事だったでしょうね!
e0131399_22212594.jpg
e0131399_22213551.jpg
ちょっと霧がかかっていますね。
e0131399_22214680.jpg
何かの碑でしたが、見にいきませんでした。
e0131399_22230588.jpg
チンベの鼻の展望台から西側を見たものです。
e0131399_22231559.jpg
こちらは東側を見たものです。
e0131399_22223544.jpg
ヒオウギアヤメです。
シオガマギクです。この他に、エゾフウロ、ウツボグサ、エゾスカシユリ、ヤマブキショウマなどが咲いていました。
e0131399_22232866.jpg
林の中に馬たちが見えました。馬はヒオウギアヤメを食べないので、アヤメの保護のために放牧しているそうです。
e0131399_22233941.jpg
ひたすら食べていますね。道産子?サラブレッドには見えませんね。

by umanekonohaha | 2019-07-11 23:04 | 旅行 | Comments(0)