ブログトップ

馬と猫・・・おまけに車

umatoneko.exblog.jp

乗馬と猫とポルシェ911carreraをこよなく愛しています

ポルシェで北海道旅行:2016-2 オロロンライン

7月24日 晴れ
滝川市のホテルを出発し、留萌からオロロンラインに入りました。
日本海に沿って走る気持ちの良い道路です。
道の駅「おびら鰊番屋」に隣接して、国の重要文化財に指定された「旧花田家番屋」がありました。
e0131399_23192820.jpg
ニシン漁の本拠地として、最盛期には200人もの漁師や船大工などを収容していたそうです。
e0131399_2322555.jpg
周りの板場が3段になっていて、漁夫の寝台だったそうです。真ん中の囲炉裏のあるところが漁夫達の居間だそうです。
e0131399_23241965.jpg
親方の居住区は隣接した畳の間で、こんなに豪華に設えられています。往事の勢いを伺うことができます。今はニシンの影も見えず・・・悲しいですね・・・。

このあたりを見学しているときにオロロンラインを北上する2トン車くらいの幌なしのトラックが
「ここは高速道路ではありません。気持ちはわかりますがスピードを出しすぎないように・・・」
などとスピーカーで呼びかけながら通り過ぎていきました。これはなんだったのでしょう。警察関係の車?トラックのパトカー???
e0131399_233452100.jpg
海の向こうに利尻富士が見えてきました。美しい山容ですね!
e0131399_23414948.jpg
サロベツ湿原センターに寄りました。
e0131399_23423887.jpg
木道を歩いて一回りしました。利尻富士が綺麗です!
e0131399_23433759.jpg
これはタチギボウシです。
ここは期待していたほどお花は咲いていませんでした。
e0131399_23495092.jpg
その後またオロロンラインに戻り、北上を続けます。利尻富士とメテオポルです。
e0131399_23504891.jpg
e0131399_2351291.jpg
オロロンラインは延々とこんな道が続きます。左側は日本海。左右は草地です。ハマナスが沢山咲いていました。
こんな景色には本当に目を奪われます。本州では海岸の平地ににこんな草地があることは考えられません。北海道だなと実感する景色です。
走りを十分堪能しました。メテオポルで来て良かった!!
終点のノシャップ岬を経て稚内市内に入りました。
e0131399_005878.jpg
ノシャップ岬です。
ホテルについて次の日の予定を立てていたときに重大なことに気がつきました。
利尻、礼文島に渡るフェリーの予約日が1日ずれている!!
あわててフェリーターミナルに駆け込み泣きついたところ、幸い空席があり、快く変更していただけました。ホッとしました!!
by umanekonohaha | 2016-08-02 00:08 | 旅行 | Comments(4)
Commented by yamame930 at 2016-08-02 07:49
おはようございます〜
昨夜はぐっすり眠れましたよ(笑)
広大な土地ですね〜
写真だけでは私の辺りと変わらないのですが、奥行きがありますね!
フェリーのハプニング解決して良かった
ですね〜
Commented by mimi-74 at 2016-08-02 14:08
澄んだブルーの空に全てが美しいですねぇ。
この道を制限速度よりもう少し速く走りたいところですが
利尻富士や海、広々した草地を楽しみながらゆっくり、もいいですね。
こんな道、104.6km- 65mile-(当地、殆どの高速の制限速度です)で走ってみたいです。
hahaさんの車でしたら制限速度のない場所でとばしたら「スカーッ」とするでしょうねぇ。
Commented by umanekonohaha at 2016-08-03 00:03
yamame930さん、こんばんは。
ぐっすりおやすみになれたようで安心しました(笑)。
北海道は広いです!!
植生が全く違うので、見る景色が面白くて仕方がありません。
とにかくこんな自然のままの平原が、言ってみれなかなり荒涼とした景色が大好きなのです!!
フェリーの日付違いは冷や汗が出ました(笑)。
Commented by umanekonohaha at 2016-08-03 00:08
mimi-74さん、こんばんは。
私の旅行にしては珍しく良いお天気でした(笑)。
この道を何キロで走ったかは聞かないで下さい。
何せ前後左右に車がいないのですから。
でも、こんな景色を見ないのももったいなくて、葛藤しながら走っていました。
制限速度のないアウトバーンなど走ってみたいですが、そうなると自分の運転技術に自信が無いですからね(笑)。