ブログトップ

馬と猫・・・おまけに車

umatoneko.exblog.jp

乗馬と猫とポルシェ911carreraをこよなく愛しています

真夏日の今日この頃、かなり遅くなってしまったのですが、庭の紫陽花の写真を!
本当は旅行記の前にアップする予定だったのですが、色々忙しくてしそびれていました。
e0131399_22401173.jpg
紫陽花の鉢を並べてみました。
e0131399_22402085.jpg
門脇にあるのは柏葉紫陽花です。秋には植え替えたいと思っています。
e0131399_22394917.jpg
山紫陽花の一種です。こぶりの花ですが、青色がとても綺麗です。
e0131399_22404801.jpg
左の大きな花がアナベル、右がスターバーストです。両方とも北アメリカ原産です。
e0131399_22410991.jpg
右の大きい花がアナベル、下の2輪がまだ開ききっていないスターバースト。
左のガクアジサイはピンクの花が欲しくて、友人のMさんに挿し木してもらったものです。去年挿し木したのにもう今年咲いてくれました。そして家でもピンクの花で嬉しい!
e0131399_22405803.jpg
これは品種名は判らないのですが、去年頂いたものです。
e0131399_22595844.jpg
去年はこんなに透明感のあるブルーだったのに、家で育てるとしつこい色になってしまいました。
e0131399_22412189.jpg
色が変わったといえばこのテマリテマリです。頂いたときには薄いピンク色だったのに、とうとうこんな水色になってしまいました。どうもこの色で落ち着きそうです。
e0131399_23070652.jpg
昔から有るガクアジサイですが、毎年きつく剪定するのであまり花が付きません。株の深いところで花を見つけたのですが、うまく写真に撮れませんでした。本当は綺麗な青色です。

青や白の花で少しでも涼しさを感じて頂ければ幸いです!

# by umanekonohaha | 2018-07-26 23:10 | 園芸 | Comments(6)
暑い日が続いています。連日34℃、35℃の暑さで、まだ7月なのに8月になったらもっと暑くなるのかしらとうんざりしています。
それでも日本のあちこちでは40℃を越える所も有り、まだ涼しい方かもしれません。
そんななか、毛皮を着たコ達はさぞ暑かろうと住人が留守の間も1室のみエアコンを付けっぱなしにしてあります。
e0131399_00244109.jpg
キャットウオークの上で長くなって寝ている右キラ、左チャタロウです。エアコンの風が直接当たらないから居心地が良いのでしょうね。ちなみにエアコンは正確かどうかは判りませんが、28℃’に設定してあります。
e0131399_00245530.jpg
下から見たキラです。この毛では暑いでしょうね。
e0131399_00250757.jpg
チャタロウです。脚がはみ出ています。下から見ると面白いですね。
e0131399_00251966.jpg
いちばん涼しいところにいるのはミラです。案外暑がりです。
e0131399_00253062.jpg
ポコです。いちばん毛深いのですが、今年もしっかり毛を梳いてやったので、サマーカットは免れました。
ポコは先週肛門腺炎になりました。注射、塗り薬、飲み薬で1週間で完治したのですが、見つけたときにはびっくりしました。肛門が二つある!!「くるねこ」で読んだことがあったのですぐに肛門腺炎だと判ったのですが、実際見るとショックです。見つけた前日まで何ともなかったのに・・・。
e0131399_00254186.jpg
フウコです。このコは夏になると顔の毛が短くなり、小顔になります。ということは下半身デブに見えると言うことです。
e0131399_00261341.jpg
カリンはエアコンが嫌いらしく3階の猫部屋の出窓で寝ていることが多いです。
e0131399_00260010.jpg
上の写真があんまり不細工だったので、ファンも居ることですし、ちょっとはましな写真もアップしておきます。

電気代が気になるところですが、具合が悪くなって獣医に連れて行くことを考えたら安いものです。

# by umanekonohaha | 2018-07-25 00:48 | | Comments(8)
6月30日 晴
釧路から海岸沿いに苫小牧まで帰ります。
天気が良かったので、「なにもない」と言われる襟裳岬を回って行くことにしました。
e0131399_22580733.jpg
海のすぐ脇を走っています。反対側は切り立った岸壁です。
e0131399_22574222.jpg
フンベの滝です。細い滝が何条も流れ落ちています。
e0131399_23260770.jpg
小さな展望台が有り、「黄金道路」という碑が建っていました。この道路は難工事続きで「まるで黄金を敷き詰められるほど」建設に莫大な費用がかかったために黄金道路と言われるようになったそうです。
e0131399_22584800.jpg
襟裳岬に到着しました。襟裳岬灯台です。
e0131399_22592066.jpg
灯台から少し降りたところに襟裳岬の看板が立っていました。ここは風が強いことで有名ですが、この日は心地よいそよ風程度でした。
e0131399_22583359.jpg
岬の先端方向に続く遊歩道がありました。道があるのなら行かなくちゃ!
左に見える石造りの建物は「襟裳岬風の館」です。強風体験が出来るそうですが、入りませんでした。
e0131399_22593349.jpg
遊歩道を歩いて先端に向かいます。エゾカンゾウが綺麗です。右上の丸い建物は風の館です。
e0131399_22595133.jpg
赤い花はハマナス、黄色い花はエゾカンゾウ、白い花はエゾノシシウドです。断崖に張り付くように咲いています。健気ですね。
e0131399_23000190.jpg
後ろを振り返っています。建物は風の館です。
e0131399_23001040.jpg
襟裳岬突端です。沖の岩礁ではアザラシが生息しているそうですが霧で隠れて全く見えませんでした。
e0131399_23002356.jpg
エゾフウロです。ピンク色が綺麗です。
e0131399_23003286.jpg
ハマエンドウです。紫色の花やピンクがかった花がありました。
e0131399_23004161.jpg
エゾカンゾウです。今回の旅で沢山見ることが出来てとても幸せです。
e0131399_23005050.jpg
ミミナグサです。小さな花ですが存在感があります。

襟裳岬を後にして浦河に入ると道路の両側は馬の牧場になります。
e0131399_00094426.jpg
馬の親子が放牧されています。
e0131399_23010649.jpg
今年の春に生まれたのでしょうね。まだお母さんのおっぱいを飲んでいました。

夕方苫小牧着。そのころから霧が出始め、フェリーが出発したときにはかなりの濃霧になっていました。
とても充実した、楽しい旅でした!!

長い長い旅行記を読んで下さってありがとうございます。短くまとめるつもりだったのですが、ついあの写真も、この写真も入れたいと長くなってしまいました。

# by umanekonohaha | 2018-07-18 00:10 | 旅行 | Comments(6)
国道44号線を釧路に向かって走り、霧多布湿原センターに寄りました。ここは2014年にも訪れていますし、特記することはありません。しかしここのレンジャーの方から、今日は霧多布岬に霧が出ていないのではないかと言われ急遽寄ってみることにしました。
e0131399_22332053.jpg
霧多布岬です。嬉しいことにはっきりと岬の先端まで見えます。2014年には崖下の波さえ霧でかすんでいたのに。
e0131399_22342175.jpg
灯台が見えます。正式には湯沸岬灯台と言うそうです。咲いている白い花はエゾノシシウドだと思うのですが・・・。
e0131399_22343424.jpg
絶景です!!映画「ハナミズキ」のロケ地になったところだそうです。
e0131399_22344615.jpg
咲いているのはエゾカンゾウ、ヒオウギアヤメ、エゾノシシウドだと思います。
e0131399_23133724.jpg
岬の先端部分に門のようになった岩が見えます。
e0131399_22351271.jpg
灯台から岬の先端までは緩い下り坂になっています。
e0131399_22352237.jpg
歌碑(松浦武四郎の歌らしいのですが、読めません)が立っているところが先端になります。
カモメが並んで止まっています。歩いて行くと嫌々一羽一羽飛んでいきました。
e0131399_22354776.jpg
海中の岩にはウやカモメが沢山営巣していました。
e0131399_22361486.jpg
よくみるとあちこちの巣にウの雛が居ます。写真いちばん右下の鳥がウに見えず、親切にして頂いた春国岱の野鳥の会のレンジャーの方にメールで問い合わせたところ、エトピリカのデコイだと言うことが判りました。エトピリカが見れたと大喜びしていたのに、人騒がせなデコイです。
e0131399_22363074.jpg
オオセグロカモメがゆうゆうと崖の上を飛翔しています。
e0131399_22365218.jpg
ハシブトカラスです。ふてぶてしくて、近くを通り過ぎても飛び立ちませんでした。
e0131399_22373251.jpg
エゾカンゾウです。綺麗です!!
e0131399_22375120.jpg
そしてここにはびっくりしました。霧多布湿原の一部なのですが、エゾカンゾウの大群落です。
e0131399_22380346.jpg
見渡す限りのエゾカンゾウにただただ圧倒され、見とれていました。

この後琵琶瀬展望台やあやめガ原を通る頃にはかなり深い霧が出てきて、立ち寄らずに釧路に直行しました。
この日は釧路泊です。

# by umanekonohaha | 2018-07-16 23:17 | 旅行 | Comments(2)
6月29日 雨 午後から曇
朝けっこう雨が降っていたので、知床峠を通る道は避け、斜里町まで戻って国道244号線で根室方面へ向かいました。244号線の道ばたには所々にエゾスカシユリが咲いていました。
道の駅で早く雨が止まないかと時間をつぶしながら、春国岱(しゅんくにたい)のネイチャーセンターに着いたのが1時過ぎでした。
e0131399_23111684.jpg
ネイチャーセンターから見た春国岱です。真ん中の陸地(半島)の右側はオホーツク海、左側は風蓮湖です。
e0131399_23112987.jpg
望遠で撮っています。まだ雨は止んでいなかったのですが、橋を渡った向こうまで車で行けると言うことを聞き行ってみることにしました。着いたときには雨は上がってきました。
e0131399_23135766.jpg
駐車場で見かけたハマハタザオです。
e0131399_23114329.jpg
木道をずっと歩いて行きます。左側の水面は風蓮湖です。海と繋がっているので汽水湖です。
e0131399_23125466.jpg
このあたり、珍しい塩性湿地です。見たことのない植物が生えています。
e0131399_23131361.jpg
黄色い花はエゾツルキンバイ、ピンクの花がウミミドリです。小さな花なのですが可愛いです。
e0131399_23133631.jpg
これはオオシバナです。花が咲いているのか終わったのかよく判りませんでした。
e0131399_23134787.jpg
小さな巻き貝が無数にいました。ホソウミニナです。生きているのか、死貝なのかよくわかりませんでした。
e0131399_23115788.jpg
橋が見えてきました。
e0131399_23121156.jpg
橋を渡ると塩害により立ち枯れた木々が見えます。野付半島のトドワラを思わせるような幻想的な風景です。こういう寒々とした風景が無性に好きです。
e0131399_23123220.jpg
エゾシカがいました。全部雌で六頭ほどいました。
e0131399_23124422.jpg
帰り道です。奥に見える水面はオホーツク海です。橋を渡って右の方へ延々と歩いて帰ります。
丹頂が見られるかと期待していったのですが、見ることは出来ませんでした。鳴き声は聞こえたのですが。
ところが、春国岱から釧路に向かう国道44号線沿いで丹頂を見かけました!春国岱のすぐ向かいになります。春国岱では今年は2番が暮らしているそうですが、その片割れなのでしょう。
e0131399_23142219.jpg
雛をつれた番です。湿地で餌を探しています。
e0131399_23143449.jpg
雛が親の真似をして短い羽根を広げているのが何とも言えず可愛いです!
e0131399_23144673.jpg
微笑ましいですね。しばらく見入っていました。

# by umanekonohaha | 2018-07-16 00:17 | 旅行 | Comments(4)