ブログトップ

馬と猫・・・おまけに車

umatoneko.exblog.jp

乗馬と猫とポルシェ911carreraをこよなく愛しています

弟が鈑金塗装の小さな工場をやっています。
ドイツ車を主に扱っています。

彼が好きなんですよ、というよりキチガイなんですよ、ポルシェの。
ベンツのオーナーの前で
「ポルシェでなければ車じゃない。911でなければ軽で十分」
と、豪語、いや、口が滑った大馬鹿者です。

弟もポルシェに乗っているし、店には常にポルシェが出入りしているのでだんだん見慣れてくるし、弟はポルシェについてなら語る、語る!!
で、そこに出入りしているベンツ乗りやアウディ乗りの我々がすっかり洗脳されてしまい、
「いつかはポルシェ」
と誓いあうようになってしまったのです。
3年くらい前に東京のT氏が一番乗りで930を手に入れました。
私は993で2番目でした。
夫も含め、どうしてもセダンでないといけないという人を除きかなりの確率で夢を実現できたことになります。

と、書いてくれば、なんて軽薄な人たちなんだろうと思われるかもしれませんが、実は深〜い訳があるのです。
T氏は昔ポール・ニューマンが930に乗っているのを直に見たことがあるらしく、そのときからいつか絶対930に乗るんだと心に誓っていたそうです。
私は2年前に肺癌の手術をして肺を1/4切除したのですが、そのときに夫と弟は心底ポルシェに乗せてやりたかったと思ったようです。
彼らの思いにめいっぱい甘えて993を手に入れることができ、幸せです(*^_^*)。
# by umanekonohaha | 2008-02-22 22:28 | 車(ポルシェ) | Comments(1)
今冬初めてまとまった雪が降ったため、職場の駐車場はピークは過ぎましたが悲惨な有様です。
駐車場が除雪されていなかったため、2,3日は雪の中に突っ込んで停めていました(駐車料金取ってるんだから除雪してよ!)。
今乗っているのはAUDIのA4quattroで、雪道には本当に頼りになる車です。
ただ車高が低いので(駐車場の車止めはフロントバンパーは殆どだめです)轍にはまったら悲惨ですが。

A4はバランスの良い、乗りやすい車です。
量産車だから部品もそんなに高くないし。
これの前はトヨタのカロIIに乗っていたのですが、この頃は車は脚だから走りさえすれば何でも良いと思っていました。
それが夫と弟の強いすすめでA4に換えたのですが、A4に乗ってみてびっくりしました。
運転するのが楽しいこと!!
何なんでしょうね。トヨタの車では楽しいと感じたことなんか無かったんですが。
別に外車だから優越感を感じて楽しいというわけではないのです。
その頃夫はベンツのステーションワゴンに乗っていましたから、A4なんて大衆車ですからね。
それ以来、今までしたいと思ったこともなかったのに長距離運転が好きになり、あちこち出かけました。
もう何年も乗っていますが、今でも運転するのが楽しいと感じます。

ところが、こんなにA4を愛していたのですが、昨年夏ポルシェ911carrera(993)を買ってしまったんです!
夫と弟にそそのかされて。
やっと手が届くくらいに値が落ちてきましたので、と、言っても国産の良い車が新車で手に入る値段ですが。
新車と10年以上前の車を天秤にかけて古い車を買うのですから相当の物好きですよね。
e0131399_22528100.jpg

で、12月中旬まで喜んで乗っていたのですが、さすがに雪が降り出すと乗りたくないので今は冬眠中です。
かわって冷遇されていたA4が活躍中です。
どちらも中古で買った古い車ですけれどね。
# by umanekonohaha | 2008-02-21 22:06 | 車(ポルシェ) | Comments(0)
うちは猫が7匹いますが、完全室内飼いです。
家の中でもあんまりストレスを感じさせないようにと、3年前に家を建て直しました。
もちろん猫のためだけに建て直したのではなく、前の家が老朽化したのと、別居していた義母が弱ってきたので同居できるような態勢を整える必要があったため、この際猫にも人にも優しい家を造ろうということになったのです。

狭い土地、限られた予算の中でどうしても譲れないことがいくつかありました。

1.鉄骨にしたい:前の家はシロアリがついて、柱や床が所々ボロボロになったため、2度とシロアリの被害に会わないようにです。
2.3階建てにして屋上が欲しい:建坪が狭いため床面積を増やすには上に延ばすしかなかったのと、屋上から山を見たかったのと、猫達の遊び場を確保したかったからです。
3.キッチン、トイレ、風呂は2カ所づつ欲しい:2世帯住宅というわけではありませんが、義母とある程度独立した生活がしたかったためです。
4.エレベーターが欲しい:これは義母のためです。結果的に大正解でした。

お金も出さないくせにこんなぜいたくな要求を押し通す我々に呆れることなく、辛抱強くおつきあい下さった「(株)さ〇ら」さんありがとうございました。
何度も何度も計画を練り直して戴き、お陰様で全部叶えることができました。
そのかわり、内装材とか建具とかは一番安い物でOKということにしたため、うちには本物の天然素材は全く使われていません(笑)。
あとこだわりで、玄関は畳敷きにしたいとか、シアタールームが欲しいとか。
これもかなえて戴き、感謝感激です!!

ペットと暮らす家造りということで、「(株)さ〇ら」さんは本当に良くやって下さいました。
わざわざ高いお金を出して研究会みたいな所に入会し、勉強してくださいました。
うちでつかんだノウハウが後々活きて来ているようで喜ばしい限りです。

そうして、猫用に特別に作った物が

1.猫階段:これは20cm×40cmの板を壁に順番に並べてある物です。好きなように並べ替えができます。
e0131399_22124657.jpg

2.キャット・ウオーク:リビングの天井に透明のアクリル板で作りました。猫の様子を真下から見ることができてとてもおもしろいです。「透明で下が見えるような場所は猫は行きません」と何とか研究会の偉い方に言われたそうですが、夫が主張して譲りませんでした。結果は、猫はなんの抵抗もなく歩きました。
e0131399_22143639.jpg

3.猫部屋:猫のトイレ部屋とその後ろの猫用具置き場です。
4.猫用ベランダ:鉢を並べて庭っぽく仕上げました。猫が落ちないようにプラスティックのメッシュで完全に囲んであります。奥の方に見えるのは丸太と板で作った猫アスレチックです。
e0131399_2215544.jpg

5.屋上のフェンス:通常の2倍の高さにして猫が登れないようにしました。しかし、アメ・ショーとスコティッシュにはこの高さでよかったのですが、ソマリのキラには通用せず、後日嵩上げする始末となりました。
e0131399_222138.jpg

6.猫ドア:3カ所ついています。まだ使えない子もいて・・・(-_-;)・・・。
e0131399_22153219.jpg

あと先に出てきたペット用の床と壁ですね。
それから、狭いながらも庭があるんですが、まわりをフェンスと網で取り囲み、出られないようにしました。当然ですが、ソマリのキラには通用しません。

1階と2階の間にドアを作って、猫達は1階には降りられないようにしてあります。
3階のシアタールーム、物置部屋にも入れないようにしています。
また、人が留守にしているときは寝室、書斎、洗面所には入れません。
でも、嵐や大雪でない限り猫部屋の猫ドアからベランダや屋上には出入り自由ですし、リビングや台所などかなりの面積を自由に使えます。
夏はエア・コンを、冬はホットカーペットを点けっぱなしです。
電気代が大変なんですが、私達はお猫様達(とお馬様)のために働いているようなものですから(-_-)。
大体満足して戴いているようにようで重畳ですm(__)m。
# by umanekonohaha | 2008-02-19 22:48 | | Comments(0)
うちの最年長猫のサイは1992年3月生まれです。
2ヶ月ちょっとで長野県から来ました。
お嫁に連れてきた猫が死んで49日が過ぎた頃の5月の初旬に一家そろって車で迎えに行きました。その時うちには1頭も猫がいませんでした。
サイちゃんは実はもう一頭の猫と一緒にうちに来たのですが、このコのことはまたいつか書いてみたいと思います。
そのもう一頭のコが病弱だったため、元気だったサイちゃんはあまりかまって貰えず寂しかったろうと思います。
気がつくと私の行く所にいつのまにか来ているようなコでした。
もう1頭のコがその年の年末に死んでしまい、それから1年弱の間一人っ子で散々甘やかされて育ちました。
元気に大きくなり、その後だんだんと猫の数が増えていったのですが、堂々たる体躯でずっとうちのボスの座に君臨していました。
でも今はもうすっかり衰えて若い猫達にボスの座を追われ、隠遁生活を送っています。

4,5年前から耳が聞こえなくなり、歯が1本しかなくなりました。
最盛期には6kg以上あった体重もすっかり落ちて、今はガリガリです。
歯がないからカリカリが思うように食べられず、かといって缶詰をやると下痢をするので困り果てて獣医さんに相談したところ、歯が無くても丸呑みするから大丈夫ですと言われ、カリカリで通しています。

歯が丈夫だった頃は、私が食事の用意をしていると必ず隣に来て、キッチンに前脚をかけ背伸びをして私の手元を見ていたものです。
生肉、刺身、特にカニ、甘エビ(冷凍物は嫌い)が大好きなので、少しわけてもらえるのがねらいでした。
また、そのころは煮干しが大好きで、キラッキラの眼をして食い入るように私の顔を見るので
「サイちゃん何が欲しいの?」
と聞いてやると
「にゃぎゃぎゃ!」
と言って、煮干しを保管してある戸棚の前まで私を連れて行き、手で戸棚の戸を引っ掻きます。
「あら、これが欲しかったの!」と煮干しをやるとうれしそうに「にゃにゃっ」とお礼をいいます。
そしてすぐに食べてしまって次をおねだりです。
こんなことを、料理しながら何度も繰り返していました。
忙しいときに面倒でしたが、二人のゲームのようで楽しかったですね。
そういえばこのエピソードにつたない絵をつけて猫のトイレのキャンペーンに応募したところ見事当選して、立派なトイレセットが届いたことがありました。
どこのメーカーだったか忘れましたが、その節はありがとうございました。

年を取るにつれ歯が悪くなってだんだん煮干しを食べるのに苦労するようになり、とうとう欲しいと言わなくなりました。
歯は虫歯になるとか抜けるとかいうのではなく、なんか吸収されるような感じです。
獣医さんも原因不明で手の打ちようがないといっていました。
アメ・ショーに多いとか。
3,4年くらい前の話で、最近は治療法があるのかもしれませんが、うちのはもう手遅れです。

耳が聞こえていないようなのに気がついたのも3,4年くらい前ですね。
呼んでもだんだん来なくなり、具合でも悪いのかと思っていたのですが、他のコがピクッと耳を動かすような時に全く無反応だったため、耳が聞こえにくいんだなとわかりました。
今では完全に聞こえなくなりました。
でも、日常生活には全く不自由ありません。
余計な神経を使わなくて良いからかえってのんびりできているようです。
以前も全く耳の聞こえない猫を飼っていましたので、なんの心配もしていません。

サイちゃんはまだまだ元気で、洗面台の上にも上がれます。
おなかが弱いので心配ですが、いつまでも元気でいて欲しいです。



e0131399_14481858.jpg

# by umanekonohaha | 2008-02-18 22:02 | | Comments(0)
今日は土曜日。
乗馬に行ってきました。
愛馬のフー君はいまリハビリ中です。
去年の1月から7月まで故障で乗れず、8月から少しずつリハビリを始めたのですが、良くなったり、悪くなったりとすっきりせずに今まで来ています。
運動をすると前脚が熱を持つので冷やしながら乗っています。
もう1年以上ちゃんとした運動ができず、部斑レッスンにも参加してしていません。

今日は最初夫が私のための準備運動として少し乗って、その後乗ったのですが、重い!動かない!!
疲労困憊しました。
動かなければハミ受けもちゃんとできないし、からだも丸まらないし最悪です。
私はやっぱり回転の時に外の手綱が緩みがちですね。
夫が脚を使いすぎだというのですが、自分ではそんなに使っているつもりはないんですけれど・・・それでも動かないし・・・。
どうやったら動かせるようになるんでしょうね。
大きな課題です(;_;)

写真は洗い場で脚を冷やしてもらっているフー君です。
なんとも情けない顔をしているのが笑えます。

e0131399_14495534.jpg

# by umanekonohaha | 2008-02-16 22:37 | 乗馬 | Comments(0)